卒業生⑦ ふくらはぎの外側が張ります

こんにちは、大江です。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございます。

 

今日は久しぶりに卒業生シリーズ、ということで、その第7弾をお送りしていきたいと思います。

20代の女性ですが、物心がついた時からご自分の脚の形を気にされていたようで『O脚』ということが分かったのが中学生の時のようです。

大人になってからも気にはなっていたものの、自分でも脚のストレッチや筋力トレーニングをされていたようですが、果たしてそれで合っているのかどうかも分からないまま過ごされていたようです。

そして、それにも限界を感じ、当院にお問い合わせを頂きました。

柔軟性も良く、予後は良好な脚でしたので最終的にはしっかりと両脚がくっつくところまで改善されましたね。

 

このように、脚の柔軟性をチェックすると最終的なゴールの予測が立てやすくなります。

ただ、闇雲にストレッチや筋力トレーニングをいくら繰り返しても、効果はなかなか出てきませんよ。

そして、O脚でお悩みの方によく聞かれる症状としましては

『ふくらはぎの外側の張り』

です。

普段、立っている時から重心が外側に偏ってしまっているので、脚の外側全体に負担がかかってしまっています。

このように脚の形の問題だけではなくて、自覚症状にも大きく関わってきてしまいます。

 

是非、O脚でお悩みのアナタ、お問い合わせくださいね。

 

では、本日もお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

 

 

【zoom無料相談についてのご案内】

780390D3-6815-4902-9A13-B493B029F307

Zoom無料相談を利用する

 

著者:大江孝平

~略歴~

元々、理学療法士として10年間、施術実績延べ3万人以上の経験を持つ。

病院での勤務を経て平成29年神戸市岡本にO脚矯正専門整体スタジオゼロを開設。

テレビやラジオにも出演。

プライベートでは3児の娘を持つ父親の顔も持つ。

6AE917C4-2A02-4EC9-8BE4-77B40DD8DCD7

子どものO脚について詳しくはこちら

子どものO脚

この記事に関する関連記事

studio0(スタジオゼロ)

〒658-0072兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目3-2 サラフィオーレ2F南